医療の現場で活躍できる診療放射線技師の魅力を知ろう

目的に適した大学探し~自分に適した勉強法で大学合格を目指そう~

放射線科医と診療放射線技師の違いとは?

放射線科医の主な仕事内容とは?

放射線科医は、放射線治療のための専門医です。放射線診療技師が撮影した画像から診断をつけて治療方針を立てたり、放射線を用いてがんなどの治療を行ったりするのが主な仕事です。時には画像診断の専門家として、他の科と連携して治療にあたることもあります。

診療放射線技師の主な仕事内容とは?

一方で診療放射線技師は、医師の指示の下で、X線撮影などの放射線を使った検査や放射線治療などを行うのが主な仕事です。放射線を安心して検査や治療などに用いるために、管理することも重要な仕事の1つになります。

人気の医療に関する職種ランキングベスト5

no.1

やっぱりみんなの憧れ!人気の第1位「医師」

患者さんの症状から病名などを診察し、適切な治療を行うのが言わずと知れた「医師」の仕事です。「内科」や「外科」、「整形外科」など診察の分野が細かく分かれていて、それぞれの専門に応じて治療を行います。

no.2

手に職で不況知らず!ずっと働き続けられて女性に人気の「看護師」

看護師は医療の専門職というだけでなく、患者さんに一番身近な存在として病院には欠かせません。患者さんの身の回りの世話から記録の作成、手術の補助など、仕事内容も多岐に渡り、多くの医療知識が必要とされる仕事です。

no.3

働き口がたくさん!安定した人気の「薬剤師」

医薬品などの「薬」に関するスペシャリストである薬剤師。医師の処方に基づいて薬を調合するのが主な仕事です。病院だけでなく調剤薬局や研究機関など、たくさん活躍できる場所があるのも魅力の1つといえるでしょう。

no.4

患者さんに寄り添うやりがいのあるお仕事「理学療法士」

事故や病気などが原因で身体の機能に障害や衰えが生じた人に対して、リハビリを行い、回復を促すことが理学療法士の主な仕事です。常に患者さんに寄り添っている分、患者さんの機能が回復したり退院したりしたときは大きなやりがいを感じられる仕事でもあります。

no.5

医療専門の事務!病院の縁の下の力持ち「医療事務」

医療事務は診療報酬の計算やレセプトの作成など、医療に関する事務全般を担う仕事です。場所を問わず働き口があり、勤務形態にも比較的融通が利くことから、結婚・出産した女性にも働きやすい仕事として人気です。

医療の現場で活躍できる診療放射線技師の魅力を知ろう

複数の人

診療放射線技師が活躍できる場所

診療放射線技師は、希望に応じて病院や官公庁、研究機関などへ就職することができます。技術専門職で人手不足の業界であることから、選ばなければ就職に困ることはないでしょう。
今後は医療技術の進歩とともに、放射線医療が担う役割もますます高まっていくと予想されます。それに伴い診療放射線技師の需要も高まっていくでしょう。ですので、資格を取ってからも、医療や最新機器に関して常に学び続ける姿勢が求められる仕事といえます。

医療に関する大学へ通うために必要な費用

医療に関する大学とひとくちにいってもたくさんあるので、国公立か私立か、また大学か短期大学かなどということで学費も大きく異なります。また、大学生活を送る上で欠かせないのが生活費です。実家から通えるのか、一人暮らしをしなければいけないのかによってもかかる費用は大きく変わるでしょう。大学を選ぶ際は、学費だけでなく、生活費も考慮に入れて選ぶ必要があります。目的や費用などから、自分にふさわしい大学を選ぶことが大切です。

目的に適した大学を探す方法

まずは自分の「やりたいこと」「将来なりたいもの」という将来像を描くことが一番大切です。それを大切にしながら大学を選びましょう。その道へ進むために学ばなければいけないことがはっきりすれば、目的にあった大学が見えてくるはずです。そうすれば効率的に大学を探せるでしょう。また、学費や費用面も考えると、大学のある地域や、国公立か私立かといったことも判断材料に含まれてきます。これらのことを総合的に判断した上で、受験する大学を絞り込んでみましょう。

大学へ合格するためのおすすめの勉強法

大学受験に合格するのは一筋縄ではいきません。試験が近くなったら、教科書の基本的な事項を理解するだけでなく、過去問を繰り返し解いて傾向をつかむなど、本番を意識した対策を徹底的に行いましょう。
予備校などでライバルと切磋琢磨することで力を発揮できるという人もいれば、家で一人で勉強するのが好きという人もいることでしょう。勉強といっても、好きでなければ続きません。自分の勉強の進み具合や適性などから、適切な勉強方法を見極めてみましょう。